幸せをあきらめない、元気な母子家庭!アイデア満載ブログ

母子家庭になって約10年、いろんな事にチャレンジしてきた「もりもり」です。節約術やビンボー美活術、資格試験情報や在宅就業情報など、頑張るママを応援する、お役立ち情報をたくさんお届します♬

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



母子家庭は経済的な事情だけでなく、子どもの情緒面の保護のためにも養育費をきちんと受け取る事は、とても大事な事です。

親同士の勝手な事情は、子どもには関係ありません。

「自分は父親に捨てられた」
そう思わせないためにも、養育費はきちんと請求しましょう。

これまでのシリーズで、養育費請求の初期段階として、内容証明の書き方についてお知らせしました。
今回は、調停に持ち込む事の必要性についてお知らせします。

内容証明など出さずとも調停で決めてもらう、とお考えの方もいらっしゃるかも知れませんが、
法の世界には「まず本人同士の話し合いから」という考え方があります。

いきなり調停申し立てをするのではなく、まずは内容証明を出しましょう。

内容証明を理解していない方は、まず下記のページを参考にしてください。↓

★養育費請求は内容証明郵便で決まる!集大成リンク集。

■調停に持ち込む事の重要性

なぜ調停に持ち込む事が重要であるかは、以下の理由によります。

・口約束や内容証明に同意するだけでは、法的な拘束力はない
・「法的に決められた」という認識がないと、約束が破綻しやすい
・公正証書を作成する方法もあるが、調停申し立てよりお金がかかる

調停で結審が出ると、養育費の支払いが滞った時には履行勧告、それでも支払わない場合は強制執行することが出来ます。

そして何よりも大事なのは、調停によって
「支払い続ける事が可能であると推測される金額が、公平な立場の第三者によって決められる」という事です。

公正証書でも強制執行はできますが、当人同士の約束だけで決めた金額では、無理が生じている可能性があります。

重要なのは、相手方に「支払う金額について十分に納得してもらう」事です。

★養育費算定基準表
http://www.courts.go.jp/tokyo-f/vcms_lf/santeihyo.pdf

「お父さんは離れて暮らしているけど、自分のために養育費を支払い続けてくれている」

この事が、子どもの情緒面の保護に最も重要だと考えます。

何よりも、養育費は「子どもの生きる権利に関わる、子ども自身の権利である」と、双方がしっかりと認識しましょう。
相手方が養育費請求に関して不快感を示している場合でも、調停が進むにつれ、理解の度合いを深めていくかも知れません。

このシリーズの次回に、申し立て費用と「自庁処理」についてお知らせします。
経済的に困窮している場合には、とても重要な項目となります。
ぜひ次回分まで読んでから、実行に移してください。

調停の進行の具合によっては、予定よりも費用がかかります。
ある程度のPCスキルをお持ちの方は、副収入の手段を用意する事をオススメします。


クラウドソーシング「ランサーズ」会員募集(無料)


クラウドソーシング「ランサーズ」



バイトル[短期・1日のみOK!]求人情報を検索

バイトル[短期・1日のみOK!]求人情報一覧






FC2 Blog Ranking
↑ポチッとお願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。