幸せをあきらめない、元気な母子家庭!アイデア満載ブログ

母子家庭になって約10年、いろんな事にチャレンジしてきた「もりもり」です。節約術やビンボー美活術、資格試験情報や在宅就業情報など、頑張るママを応援する、お役立ち情報をたくさんお届します♬

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高等学校等就学支援金の新制度が始まっているのをご存じですか?

各学校からお知らせはされていると思いますが、原則として入学時の4月以内に、手続をする事になっています。

子育てとお仕事で忙しいシングルマザーは、学校からのお知らせプリントを見逃してしまう、という事態も多く発生しています。
こういった制度は見逃さずにチェックし、少しでも経済的な負担を軽くしましょう。

忙しいお母さんを見て、子どもも少なからず不安を抱えているかも知れません。
差し支えがなければ、制度の利用をお子さんにも伝え、安心させてあげましょう。

この新制度は、平成26年4月以降の高校への入学者を対象としています。
既に進学し2年生以上になっているお子さんには、旧制度が適用されます。

公立と私立では教育費負担に大きな格差がある事や、低所得者世帯では教育費負担が大きい事を踏まえ、教育における実質的な機会均等に寄与する事を目的としています。

申込みの具体的な期限は、各学校・都道府県において違いますので、申込みがまだの方は、早めに問い合わせてみましょう。



■対象となる生徒
高等学校等に通う、一定の収入額未満の世帯の生徒

■在学要件
下記の学校に在学している生徒が対象です。

・国立・公立・私立高等学校(全日制、定時制、通信制) ※専攻科・別科を除く
・国立・公立・私立中等教育学校の後期課程 ※専攻科・別科を除く
・国立・公立・私立特別支援学校の高等部
・国立・公立・私立高等専門学校(第一学年から第三学年まで)
・国立・公立・私立専修学校の高等課程
・国立・公立・私立専修学校の一般課程
  (高等学校入学資格者を入所資格とする国家資格者の養成施設)
・国立・公立・私立各種学校(高等学校入学資格者を入所資格とする国家資格者の養成施設及び告示指定外国人学校)

■受給に必要な手続き
原則として入学時の4月に、下記の書類を学校等に提出する事となっています。

・受給資格認定申請書(学校を通じて配布されます)
・市町村民税所得割額が確認できるもの(市町村民税税額決定通知、納税通知書、課税証明書、生活保護受給証明書等)

※引用 文部科学省 高等学校等就学支援金(新制度)Q&A

《支援制度についての関連記事》
お子さんに、学業に専念出来る環境を!奨学生制度の利用を考えてみませんか?

何かと出費の多い時期に。激安通販はこちら↓


わからない事を聞いてみよう!知識・スキルの販売サイト【ココナラ】


バイトル[短期・1日のみOK!]求人情報を検索
バイトル[短期・1日のみOK!]求人情報一覧


FC2 Blog Ranking
↑ポチッとお願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。