幸せをあきらめない、元気な母子家庭!アイデア満載ブログ

母子家庭になってから、いろんな事にチャレンジしてきた「もりもり」です。アフィリエイトをやめ、養育費関連の記事だけ保存版として残しました。お役に立つと幸いです。



過去記事3回にわたって、養育費請求のやり方についてお知らせしてきました。

今回は、内容証明郵便の1番目の項目・子どもの直筆の「父への手紙」の具体的な書き方について、お知らせします。

過去記事をまだ見ていない方は、以下の順番で、確認しておいてください。

■初期段階の下準備についてはこちら↓
☆子供のために、きちんと養育費を!調停は怖くありません。
http://morimorirock.blog.fc2.com/blog-entry-13.html

■養育費の法的な意義と、内容証明郵便の重要性についても理解しておきましょう。↓
☆弁護士費用をかけず、自分で出来る養育費請求。内容証明郵便の意義を理解しよう
http://morimorirock.blog.fc2.com/blog-entry-14.html

■内容証明郵便の書き方の大まかな流れを把握しましょう。↓
☆自分で出来る養育費請求・内容証明郵便の成功実例
http://morimorirock.blog.fc2.com/blog-entry-16.html

今回は、草稿の準備ですので、まだ本番としては書かないでおきましょう。

内容証明郵便には字数制限などがありますし、鉛筆書きは不可です。
「まだ出さないけど書く内容を決める」気持ちで取り組んでくださいね。

このシリーズは、当ブログ管理人のもりもりが、実際にやって成功させた内容証明の実例です。
ご自分の状況に合わせて、アレンジして考えてくださいね。

1.子どもの直筆の、「父への手紙」

第1ページ目に子ども直筆の手紙を持ってくる事で、相手の心を強く突き動かす作戦でした。

子どもの字で書かれている事が、相手に大きく訴求します。

内容証明郵便はワープロ打ちでも可ですが、この部分は子どもの直筆で仕上げます。
子どもがまだ字を書けない年齢ならば、可能であればCDなどに子どもの声を録音し、別便で送付します。

ここで大事なのは、子どもに無理をさせない事です。
「お父さんがあなたを心配している事は間違いないから、今何をしてるところか、お父さんに知らせてみよう。」などとして、書きやすい状況を作ってあげましょう。

子どもには、あくまでも「自分(こども自身)の現在の状況」を知らせるのだと理解させ、金銭を要求する事には触れないようにします。

子どもがもう中高生になっている場合、照れや複雑な多いがあり、上手く書けない事があるかも知れません。
その場合は、あなた自身が追記をして、「複雑な思いがあるようです。寛容な気持ちで受け取ってください。」などと記しましょう。

このシリーズはまだまだ続きます。

当ブログ管理人もりもりは、発案から結審後の最初の養育費を受け取るまで、9か月を要しました。
時間がかかる事を覚悟して、真剣に取り組んでくださいね。
あせって知識もないままに実行せず、きちんと理解し、準備をしましょう。

★このシリーズのまとめはこちら↓
養育費請求は内容証明郵便で決まる!集大成リンク集。

当ブログの更新は、間に別カテゴリの記事が入る事もあります。ご了承ください。
※相手との接触に危険を伴うようなケース(DVによる離婚など)なら、自分で動かす必ず専門家に相談を!

FC2 Blog Ranking
↑ポチッとお願いします。
Related Entries
Trackbacks URL
http://morimorirock.blog.fc2.com/tb.php/18-b34aa260
Use trackback on this entry.
Trackbacks